新入社員がマイカーローンを組む場合には注意点がある

新入社員がマイカーローンを組む

会社に入り、それなりに収入が安定すれば、そろそろ車が欲しいと考える人もいるでしょう。とはいえ、社会人なりたてであれば、貯金もこれから作っていくという人も多く、車の購入にローンが必要という人は多いです。マイカーローンには審査があり、誰でも貸してくれるわけではありません。

 

 

問題は新入社員だと、勤続年数が短いので、審査に通るか不安だという点です。新入社員はマイカーローンが組めないのではと考えている人も多いですが、審査に通る可能性はあります。新入社員でも審査に通るのにはいくつかの理由があります。

 

信用情報に傷がない

マイカーローンの審査では、現在または過去のローン契約の取引情報が重要視されます。例えばすでに多額のローンを組んでいる人や、過去に返済の遅れが度々あったような人、現在未納で支払できていないローンがある人などは、審査も厳しくなります。

 

新入社員の場合、多額のローンを組んでいたり返済が遅れていたりするような人は少ないでしょう。むしろ、マイカーローンが初めてのローンだという人も多いはずです。過去のローンに未払いや遅延などの履歴が残るのを、信用情報に傷が付くといいますが、新入社員はまっさらな人の割合が多いので、審査は多少有利になります。

 

車を担保にするローンを組む

ディーラーや中古車販売店で車を購入する時に、販売店からローンを斡旋してもらえます。販売店が斡旋するマイカーローンをディーラーローンといいますが、審査が通りやすいというメリットがあります。マイカーローンは銀行などでも申込みができるので、ディーラーローンでも銀行系のマイカーローンでも、好きな方を選択できます。

 

特にディーラーローンの場合は、購入する車はそのまま担保になります。そのため、ディーラーローンで車を購入すると、勝手に売却したり改造したりできません。その代り、担保があるぶん、審査は有利になります。

 

ディーラーローンが審査に通りやすい理由として最も大きいのが担保という部分です。信用情報に傷があるなどの問題がなければ、担保有りのディーラーローンで審査に落ちるというのは可能性としてはかなり低いです。

 

ただし車を担保するローンは新車購入時の利用に限られる場合が多いので、価格が安くなる中古車購入でのマイカーローンでは利用ができないケースもあります。

 

親権者を保証人にする

ディーラーローンで審査を通した時、条件を付けられる場合があります。例えば借入希望額が大きすぎるのでグレードを下げて欲しい、保証人を付けて欲しい、といった具合です。新入社員の場合、勤続して間もないので、審査でマイナス評価にはなります。

 

しかし、新入社員であれば保護者や両親など、保証人になってくれる人も見つけやすいでしょう。

 

自分自身の属性だけでは審査が厳しいといった場合でも、保証人を立てれば信用は増します。こういった条件を満たしやすいという点も、新入社員が審査に通る要因の1つです。

 

銀行系のマイカーローン

ディーラーローンであれば、車も担保になり審査も通りやすいです。さらに、審査が通らなそうな時にも柔軟に対応策を提案してくれます。だから新入社員が少しでも確実に審査を通したいならば、ディーラーローンの方が安心かもしれません。

 

しかし、新入社員の内は給与もそれ程多くはないので、金利を抑えるという意味では銀行系のマイカーローンも選択肢に入れても良いでしょう。

 

ディーラーローンは、審査の面ではメリットがありますが、金利は高めに設定されています。一方銀行系のマイカーローンの場合、金利が低めに設定されています。銀行系のマイカーローンの審査に通るのであれば、そちらの方が支払の面では有利です。

 

車が担保にならずに審査を通すので厳しくもなりますが、その代り車の所有権は初めから自分にあります。売却や改造も自分の権限で行えるというメリットもあります。

 

何れにしてもマイカーを購入する際のローンはしっかりと選ぶ必要があり、ディーラーではなく銀行系のローンを利用することになったとしてもマイカーローンを比較して選ぶのは大事なことです。自分の求める条件で借りられるマイカーローンを選べば、失敗も無くなるのです。